• ホーム
  • 日本における性感染症を感染率は若者を中心に増えている傾向があります

日本における性感染症を感染率は若者を中心に増えている傾向があります

日本では、性感染症の感染率が非常に増えているという傾向があります。これは統計的なデータを見れば明らかで、特に死に至るリスクが存在する梅毒の感染率が非常に増えています。クラミジアなどの一般的な性病の感染率も増加傾向にあり、性行為に関連する注意喚起が若者にきちんと行きわたっていない懸念が指摘されています。特に、若い女性の感染率は深刻です。

実際に、具体的なデータをみると現代の日本の若者の深刻な現状を確認できます。例えば、性感染症の中でも最もリスクの高い梅毒については、10年前と比較して約4倍以上にも患者数が増えています。梅毒患者の数は2011年以降に一気に増大したと考えられていて、男性も女性も関係なく総数が増えている現状です。この中で、特に若い女性の感染拡大が確認されているのが特徴です。

年齢の内訳をみると顕著で、男性の梅毒の感染者の約7割以上が30歳以上なのに対して、女性の場合は60%が29歳以下で構成されています。つまり、若い女性の性感染率が非常に増えていることがわかります。

日本への感染拡大が確認されている原因は、いくつか考えられています。まず、性病への理解不足です。若い世代間での性行為が増えた結果、体質的に性病に感染しやすい女性の感染率が増えている可能性があります。コンドームを着用したり、不潔な状態を保たない限りはよほどのことがない限り感染することはありません。こういった、基本的な対策が若い世代で徹底されていない懸念が存在します。

特に、若い女性は性病に感染したことを恥ずかしがって病院に行かないケースが目立ち、その結果男性と比較して拡大が止まらないケースも指摘されています。性病は、どういった症状でも潜伏期間が存在するため、若いときに感染すると性行為の数が多いこともあり、知らないうちにパートナーにも感染させてしまう可能性も高くなります。

また、外国人観光客が増加したことで性サービスを提供する若い女性の間で性病が蔓延してしまったと考える説も存在します。これについては、外国人観光客が爆発的に増加した2013年以降と、性病の拡大が比例していますので一定の説得力も存在します。現実的にも、梅毒については現代では日本国内で数が多くなかった病気で、海外からもたらされた可能性は十分にあります。

どちらにしても、性感染症の感染は正しい知識で防げます。避妊対策をするだけでも性病の感染は防げますので、正しい性生活を心がけることです。