• ホーム
  • 性器ヘルペスの感染経路は性行為以外にもあるので注意が必要です

性器ヘルペスの感染経路は性行為以外にもあるので注意が必要です

男性を診ている医者

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスの感染で発症する病気であるため日常生活を過ごしている一般人でも十分に発症する可能性が存在します。単純ヘルペスの症状が酷くなり、それが性器に生じてしまうのが性器ヘルペスです。口唇ヘルペスのときと異なって、倦怠感や痛みが大きくなるのも特徴なので注意をしなくてはいけません。

主な感染経路としては、セックスやオーラルセックスに違いはありませんが実はこういった性行為だけが感染経路ではありません。ヘルペスウイルスが存在する粘膜に触れたり、キスをすることで感染する可能性は十分にあります。元々、ヘルペスは感染力が非常に強く人間の身体に住みやすい病原菌であるため性行為以外でも体に付着している可能性は十分に存在します。

例えば、口唇ヘルペスを発症している人の患部に触れた場合、間接的にここから性器ヘルペスになってしまうことがあります。触れた手にウイルスが付着し、その手でさらに性器に触れることで性器ヘルペスになってしまいます。

問題なのは、相手が本当にヘルペスを保持しているかどうかがわからない場合です。ヘルペスにも他の性病と同じように潜伏期間が存在しますので、その潜伏期間中に感染して発症する可能性も存在します。特に、口唇ヘルペスのように口の周りに病変のようなものが現れる初期段階のケースではわかりづらいケースもあります。傷があってそこにキスをすると、知らないうちに感染することもあるため気を付けなくてはいけません。さらに注意なのが、女性の感染経路です。女性の場合は、ウイルスに触れた手で性器に触ることで性器ヘルペスに発症する可能性が若干ですが高い傾向があります。この原因は、男性と女性の性器の構造上の違いが挙げられます。

クラミジアなどもそうですが、基本的に性病は性器から体内に侵入したり粘膜に付着することで感染する可能性が上昇します。男性は、性器が皮膚で覆われて尿道も長いためウイルスが体内に侵入したり粘膜に付着する機会がそれほど多くはないという特徴があります。付着したとしても、日常的な排尿行為によってウイルスも一緒に流される特徴が存在するため、性病全般で男性の感染確率は女性よりも低い傾向が存在します。一方で女性は皮膚と性器、あるいは尿道の距離が男性よりも近いので多様な感染経路で病気を発症してしまう可能性が高くなります。そのため、男性よりも気を使って性病の対策をしなくてはいけません。