• ホーム
  • ゾビラックスにはいくつか副作用がありますが、安全・安心して利用できます

ゾビラックスにはいくつか副作用がありますが、安全・安心して利用できます

ウィルス

ゾビラックスは、抗ウイルス薬として高い効果を期待できますが、それと同様に副作用が存在するものであるため注意も必要です。ただ、全体的な傾向としては副作用が少ない医薬品であることに違いはありません。確率はそれほど高くはありませんが、実際に症状がでた場合の副作用の程度が大きいケースもあるため、正しい使い方と対処法を必ず理解しておく必要があります。

まず、世界的に流通しているゾビラックスは錠剤であるため、経口投与が基本となっています。血中に有効成分を吸収させて、ヘルペスを発症している患部に高い効果を発揮する特徴が存在します。有効成分を血中に吸収させる場合には、肝臓に負担がかかる可能性があるため注意が必要です。副作用の実例でも、肝機能の低下によって頭痛や眠気などといった副作用が生じることがあるため、覚えておくことです。

同様に、内臓疾患がある人は特に注意が必要です。経口投与の医薬品は、体の中から作用する特徴が存在しますので、少なからず内臓に影響を与えます。服用する人物に、最初から内臓疾患が存在するケースでは、副作用が重くなる可能性も十分にありますので注意が必要です。

また、服用する年齢層によってもこの作用の現れ方が若干異なります。例えば、高齢者の人が服用する場合には精神神経系に副作用が生じる可能性が存在します。特に、腎機能が低下している患者にこの傾向が強くでることがわかっていますので、内臓に問題が存在する患者は使用上の注意をよく守らなくてはいけません。場合によっては、服用を禁止することも選択肢として考えておく必要があります。

ただ、全体的な統計をみても副作用が発症する確率はそれほど高くはないので、世界的にも安全に利用できる医薬品だと判断されています。具体的なデータでは、副作用が生じた例は全体でもわずか4%程度です。このうち、患者にとって重大な症状であると判断されたケースは1%未満です。具体的には、アナフィラキシーショックによる呼吸困難などが確認されていますが、確率は0.06%程度です。つまり、発症する確率は極めて低いことがわかります。

ゾビラックスは、既に世界中で30年以上も使われていますので、効果に対してデメリットが非常に少ない良質な医薬品だと認識されています。もちろん、注意が必要な点もありますが用法を守る限りはヘルペス治療に大きな役割を果たしてくれるため、初めて使う人に対しても利用価値は高いです。